INDEX    RSS    ADMIN

薪ストーブ周囲の壁・床 の温度

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ←どれか興味があるところ1つだけで良いですので

ポチッと押して頂けませんか?別窓で開きますので邪魔しませんから。

あっ!コチラは広島のローカル ブログランキングサイト広島ブログです。

コチラは少し仕組みが違いますが、意味は同じ様なものでして・・

1ポチ宜しければ押してやって下さいませ。

 

薪ストーブ周囲の炉壁・炉台の温度ですが

 

薪ストーブの天板温度がDSCF4437300℃弱の時

ストーブ直後の壁(ストーブ⇔壁 距離35㎝)DSCF445060℃

ストーブ右側の壁(ストーブ⇔壁 距離58㎝)DSCF445355℃

 

ストーブ左側の壁(ストーブ⇔壁 距離58㎝)DSCF445153℃

薪ストーブ直下の床はストーブの床の隙間が狭いので

放射温度計DSCF4457が入らないので

床と同じ石材をストーブの下に置いて十分な時間が経過した後計測すると約56℃

 

計測は薪ストーブ点火から3時間以上経過してからデータを取った

 

薪ストーブの温度が300度を超えると床や壁の温度も当然上昇する。

 

私が今までに計測した中では

ストーブ直下の床で80℃弱

ストーブ後ろの壁で70℃前後

ストーブ左右は60℃前後です。

 

60度を超える温度は素手で触れなくは無いけど結構熱く感じる。

 

このデータはストーブと壁や床との離隔距離があると急に温度は下がる

 

ただし、壁や床が熱くなる事でそれそのものも部屋の暖房効率を上げる役割をするので

遠慮無く加熱できるような造りの炉台・炉壁にすると良い。

 

と、何のオチも無い話です。

 

 

ホンマ製作所のHTCシリーズストーブの分解・宅配サービス致しております。

ストーブを分解して持ち運べる大きさまで分解して宅配便にてお届けするサービスです。

こうすれば130㎏を優に超えるHTCシリーズの薪ストーブも

一人で楽々荷受けして、室内へ楽々設置できます。

只今、分解工賃無料サービス実施中(煙突部材、一式全てお買い上げのお客様に限る)

※ただし、宅配料と梱包材費は別途、御見積とさせて頂きます。

加えて安全設置相談しながらの販売致しております。

まずは de8iku@gmail.com までご連絡下さいませ。

関連記事

コメント

No title

いやいや

役に立つ情報ですよ~

No title

放射温度計でつや消し黒以外の処を測定するときは
放射率がかなり異なるから、誤差が大きいです。

放射率が明確になっている、黒体スプレーを塗布するか
黒体テープを貼ってから測定しませう。

測定エリアも考慮しないとね、10:1か12:1が多いかな。

炉台

エコエコさんこんばんは。

ついつい,毎日朝晩とエコエコさんのブログチェックをしてしまっています。
1週間くらいで最初から読ませていただいて,更新頻度の高さと,内容の充実度に感動しています。きっと几帳面な方なんですねv-19炉台製作の記事も読みましたが,流石大工さんですね。いやいや棟梁ですね。しかも,蓄熱性も抜群で流石です。私も薪ストーブを設置することが出来るときは,床はツルツルの石にしたいです。

さて,私は,佐伯区の住人です。でも残念ながら先住民族ではありません。家を建てるにあたり越してきましたv-221
家を建てて依頼,家関係のことにとっても興味が出てきたんです。本当は立てる前からあれば良かったんですが・・・・。

今日もとても寒い一日でしたね。ホンマの薪ストーブで温まりたいです。
ホンマのストーブはどこにも無いんですよね。

Re: hossunnさん

hossunnさん、ありがとネ~
火災を気にせずに思う存分温度を上げられるってのも
薪ストーブとしての大事な性能ですね。

Re: yasさん

yasさん、毎度です。
黒体が云々ってのは以前、yasさんに教えて貰いましたね。

あとは、足の裏の感触が案外一番精度が良いかな(笑)

Re: 炉台

hippoちゃん、いらっしゃい!
炉台や炉台周りの壁も大事な暖房器具です
性能が良く、安全な炉台作りはストーブ導入の第一歩です。

話が変わりますが、佐伯区だったんですね~
私も以前住んでましたよ(借家ですが)
比較的温暖で、便利も良い場所ですね。

私の町では今夜雪が積もりましたよ~(*^_^*)

うちのレンガの炉壁から上は土間の壁である杉板現しで真壁なんで柱も現しなんですが
杉板の部分が結構暖かいんです。
もちろん結構反ってるんですがここが低温炭化って事はないですよねぇ…
暖かいっても十分触れるんで50度も無いと思いますが。

Re: 83さん

83さん、コメント有り難うございます。
炉壁は床から1m程度の高さがあれば大丈夫ですよ。
理屈っぽい言い方ですが
低温炭化は物質を透過しやすい遠赤外線(電磁波)が主な原因ですから
薪ストーブからの距離と壁面の角度が密接に関係しています。

つまり、斜に構えた面には熱が伝わりにくく
また、表面仕上げ材では起きにくく、その下地との境界面で起きることが多いのです

距離も、ほんの少し離れるだけで熱の伝わり方が急に違います。

83さんコメントの文面の環境なら大丈夫だと思いますよ。
非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード