INDEX    RSS    ADMIN

薪ストーブ煙突工事に行ってきたよ。 薪ストーブの分離発注について

土曜日は自宅から二時間弱かかる場所へ煙突屋根出工事に行ってきました。

土曜日から屋根業者さんが施工に入場されるという事だったので

それに合わせて、私も煙突工事に入らせて貰いました。

DSC_6414今回は・・と言うか今回もホンマ製作所の薪ストーブと煙突使用します。

いつもお世話になっております。(^_^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ広島ブログ

ブログランキング強化月間 頑張ってます!

応援ヨロシクお願いしますm(_ _)m


新築住宅への薪ストーブ設置工事で、金曜日に上棟完了して

屋根上の煙突貫通口も上棟時にちゃんと開けていてくれてたので、上げ膳据え膳で助かりました。


今回の工務店さんは、設計段階から薪ストーブ設置工事に積極的に関わって下さって

工事の日程なども逐一報告下さり、屋根屋さんにも煙突工事がスムーズに行くように

監督さんから指示して貰っていたので、屋根屋さんもイヤな顔一つせずにアレコレ手伝ってくれて

大変助かりました。


こういう工事って、屋根屋さんにしろ、大工さんにしろ(自分も大工なので”さん”付けで言うのも変だけど)

普通の屋根なら(煙突が無い)平らでパタパタと施工が簡単なんだけど

煙突貫通孔や煙突がそこにあるだけで、余計な手間が掛かってしまい面倒臭く、”有る”と”無い”とで大違いになります。


そんな面倒な薪ストーブ工事にも関わらず

大工棟梁を始め、現場監督さんや屋根屋さん、皆さん親切でとても助かりました。

そんなですから、現場も整理整頓されててとても綺麗で、見習わなければイケない部分が多々あると思いましたし

この工務店なら、施主さんも任せて安心だろうなと感じた次第であります。


一応、良くも悪くも無許可なので、工務店さんの名前は伏せておきますが

会社の場所は呉市にあります。


うちは施主さん直接の分離発注業者なのですが、工務店さんに良くして頂いている事は

いずれ施主さんにもお伝えしようと思っています。



さて、良い機会だからその事に関して、ついでにお話ししたいのですが。


我々薪ストーブ業者は建築工事に伴う”一括発注”ではなくて、施主さんと業者が直接取引する

”分離発注”が殆どです。


分離発注の意味ですが、分離発注と一括発注があって

建築を工務店に依頼する場合、通常は一括発注方式で

基礎工事や水道工事、大工工事、屋根工事・・等々 全て工務店が一括で請け負って

各業者は下請けとして工務店からの依頼で工事を行います。

施主は費用を工務店に支払い、工務店から各業者に分配して工事費が支払われます。


それに対して、分離発注の場合

施主が直接、何某かの業者に直接依頼して工事させたり、材料や設備機器を直接購入するやり方で

費用や代金は工務店を通さず、施主から直接業者に支払われます。


薪ストーブなどもこのやり方が殆どで、施主(お客さん)から直接依頼を受けて工事し

費用は完了後に施主さんから直接頂きます。


分離のメリットとしては工務店の利益を省けるので、安く工事や物品が手に入る事で

最近ではエアコンや、照明器具、カーテン等はこういったやり方が殆どで

工務店を通してこういった物を取り付ける人は少なくなりました。

デメリットとしては、工事の不備や故障などは自分が直接業者に言わなければならない等

面倒だったします。


施主にとっては安く工事出来て良い分離発注ですが

工務店にとっては、その分利益が減ってしまい困ります。


前出のエアコンやカーテン、照明器具などは建築工事終了後、引き渡し後に取り付ける物なので

別に利益が無くても、利益が減るけど仕方ない・・程度で済むのですが


薪ストーブの場合は、工事のタイミングを見計らわなければイケなかったり

壁や天井に穴を開けなくてはいけなかったり、それなりに世話が焼けるので

工務店にとっては、厄介な存在だったりします。


以前、私がお世話になっている千葉県の某薪ストーブ屋さんのKさんがブログに上げられていましたが

2階まである大きな吹き抜けに煙突を通す物件で

工事に行ってみたら、足場が取っ払われてて、オマケに壁は塗り壁で梯子も掛けられない・・

って、明らかに嫌がらせとしか思えない仕打ちをする酷い工務店がいたそうです。


詳しいいきさつは分からないけど、そこまでする工務店も良い度胸をしてるというか

いくら利益をもたらさない分離業者に関わりたくないと言っても

施主が依頼した業者だから、面倒見なければ仕方無いと思うのですがね

私が施主なら、工務店を許せないかも知れません。

施主をなめてるとしか言えません。

あれは同じ薪ストーブ屋として気の毒に思ったのと、工務店としては申し訳ない気持ちでした。


チョット話が逸れましたが

工務店として分離発注の業者というのは、利益をもたらさない割に

「アレしてくれ」「コレしてくれ」と面倒臭いし

足場や仮設トイレなんかも勝手に使う厄介者なのです。


ですから、私は分離発注の薪ストーブ屋として工事に入る時は

施主さんに対して、上記の説明をして理解して頂いた上で

薪ストーブ設置にかかる費用(例えば、壁や屋根に貫通口を開ける工事や管理にかかる経費等)は

決して「ついでにタダ」で工務店にやって貰おうとせず、見積もりをして貰った上で

適正な価格を工務店に追加費用として支払って上げて下さい と言ってます。

薪ストーブ工事は工務店の協力無しでは上手く行きません。

やはり、要るものは要りますから、何もかも分離されると工務店も背に腹替えられなくなります。


今日のあずき20170715-204725-020170715-204745-0


度々スミマセン(^_^;)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ広島ブログ

一日一回 あなたのポチで元気になれます!

応援ヨロシクお願いしますm(_ _)m

薪ストーブ日記 薪割り機の販売しております。

ph-gs13pro-gx-img01_thumb_thumb_thum[2]

ストーブ日記をご覧の皆様には直接御見積り致しております。

de8iku@gmail.com まで「見積り希望」とメール下さい。

htc2.jpg

ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所のストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス致します。

※コンサルティング業務は一部有料となります。









関連記事

コメント

No title

今晩は。
 現役時代を思い出させてもらいました。
全てにおっしゃる通りです。
 昔は忙しかったし、(たまに施主さんを含めて)なにもかも酷かったです。
最近の近所の現場などを見ていると、職人さんの近所への応対やら、現場の整備やら格段のレベルアップを感じます。
いらぬコストもかかってますが、建築だけが特別ではないのでしょう。

Re: yamadagagaさん

yamadagagaさん、ご無沙汰いたしております。
最近はとにかく施主さんに気を使います。
私も以前、大手の下請けをしていましたが、結構厳しかったです。
ですが、お陰で良い勉強にもなっていて
現場の環境整備等は楽に出来るようになりました。

あまり、こびへつらう必要は無いですが
施主さんも一世一代で建てる家ですから
心配の無いように現場を進めていきたいですね。



> 今晩は。
>  現役時代を思い出させてもらいました。
> 全てにおっしゃる通りです。
>  昔は忙しかったし、(たまに施主さんを含めて)なにもかも酷かったです。
> 最近の近所の現場などを見ていると、職人さんの近所への応対やら、現場の整備やら格段のレベルアップを感じます。
> いらぬコストもかかってますが、建築だけが特別ではないのでしょう。
非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード