INDEX    RSS    ADMIN

薪割機は壊れる 油圧系統の故障

薪割機の故障の話ですが

今回は油圧系統の故障に関してです。

最近、私のお客さんにもこの油圧系統の故障が2件ありました。


いつもお世話になっております。(^_^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ広島ブログ

ブログランキング強化月間 頑張ってます!

応援ヨロシクお願いしますm(_ _)m


症状としては、プッシュロッドの動きがギクシャクと動きが不安定になったり

動きがとても遅くなって、往復に時間が掛かる等です。


直接的な原因としては、作動油の汚れや異物の混入、若しくはタンクの内部の錆等でストレーナーが詰まったりで

作動油の流れが悪くなり動作不良を起こすようです。


薪割機は小型の油圧機械で、13トン以上の強い油圧力で薪を割る割には

作動油タンクもそれ相応に小さく、作動油の量も多くありません。

油量が少ないのに常に高圧で作動油を使用していると、油温も上昇しやすく

作動油の劣化も早まります(作動油はエンジンオイルと違い、高温に弱く劣化してしまう)

さらに、油量が少ないとオイルの劣化に敏感になります。

つまり、総油量が多ければ汚れは薄まり、全外が汚れるまでに時間が掛かるけど、小量だと全体が汚れるのが早まり

より酷く汚れてしまいます。

↑その代わり、交換費用は安く付きますけどね。


あと、作動油タンクは外気と通じていて空気が出入りする構造になっているため

昼間使用して夜間保管してる間にタンク内外部の温度差により、タンク内部に結露する場合があり

作動油に水分の混入やタンク内部の結露による錆の原因になり、その錆がストレーナーを詰まらせることがよくあります。

特に、作動油が減って油面が下がっている状態で使うと、タンク上部(天井部分)に結露しやすく

錆が発生することがよくあります。

特に冬場の薪割は、夜間外気温が下がるため、結露しやすいので注意が必要です。

作動油は汚れ(質)の確認も勿論ですが、量の確認も怠らず、減っていたら必ず適量まで補充して下さい。

薪割機の保管場所も、出来れば湿気の無い通気性の良い場所に保管したい物です。


上記予防策としては、作動油は汚れたら早めに交換する!

汚れて無くても1年以内に交換する!

出来れば半年以内に交換する!

のが良いと思います。

あと先ほども述べましたが、保管場所に関しても湿気のある場所に保管しないほうが

他の部位の錆びも防げて良いと思います。



と、ここで懺悔しますが

私はPLOWの薪割機20150504-152836-0を薪屋(プロ)として使用していますが

実は3年間、作動油の交換をしていなかったりします(汗)

先月の点検整備で汚れ自体はそんなに汚れていませんでしたが、年数が経っているので劣化してると思いますから

流石にそろそろ替えてやらねばです。今のところ問題無く動いていて調子よいですがね・・チョット反省です。




度々スミマセン(^_^;)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ広島ブログ

一日一回 あなたのポチで元気になれます!

応援ヨロシクお願いしますm(_ _)m

薪ストーブ日記 薪割り機の販売しております。

ph-gs13pro-gx-img01_thumb_thumb_thum[2]

ストーブ日記をご覧の皆様には直接御見積り致しております。

de8iku@gmail.com まで「見積り希望」とメール下さい。

htc2.jpg

ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所のストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス致します。

※コンサルティング業務は一部有料となります。

関連記事

コメント

No title

作動油は潤滑油と違うから、そんなに頻繁に変えなくてもいいのに。。。

ストレーナーは最初だけ早めに変えましょう。

作動油の温度は60℃いかと言うのは、オイルの劣化云々じゃなくて
Oリングやパッキンなどのネオプレンゴムの耐熱温度の公称です
これもメーカー曰く80℃位まで大丈夫だそうですが
公称として60℃としているそうです。

 

No title

>実は3年間、作動油の交換をしていなかったりします(汗)

「あぶら」なのでしょうが,敢えて「ゆ」と読んでいただき
「さーどーゆー」ことか説明していただきましょうかw

Re: yasさん

yasさん、毎度です。

13トン薪割機ですが、作動油汚れが早いとの報告が多々あります。
原因は不明ですが、使用頻度の高い人や、ケヤキやカシなどを多く割る人に
そういった現象が多いようです。

頻度によるので、一概に半年とか一年と言ったのは間違いかも知れませんが
実際にその程度の使用でも汚れる人が居るのは確かです。

作動油は、ホンダウォークで出荷時に入れるので、古い物ではありませんし・・
もっと言えば、ウチのは20トンですが、3年目にしてようやく汚れてきました
私もそれなりに頻度高く使うのですがねぇ・・



No title

先にも書いたけど、汚れが早いのは元々油圧系統内部の汚れがあるからですよ。

特にタンクは溶接するからどうしても焼けます
スパッターなどをキチンととった後で、酸洗いしていなければダメです。

酸洗いの後でパーカー処理していれば言うこと無しですけどね。

13tはチャイナ製だから酸洗いをやっていないのでは?

Re: ふぃーゆパパさん

ふぃーゆパパさん、返信遅くなりスミマセン。
作動油は「さどうゆ」と読むのが一般的です。
ですから、パパさんの駄洒落は説明不要ですよ(笑)

流石に今日は駄洒落で返信出来ませんでした(汗)

Re: yasさん

yasさん、毎度です。
今年初めに故障したyasさんもご存知のSさんのケースでは
最初に作動油を交換した時、業者Aから
「ストレーナーに切削屑が付着していた」との事で
油圧経路を洗ってから作動油の交換したらしいですが
殆ど症状が改善しませんでした。

仕方無いので業者Bに持ち込んだところ
「タンク内に錆が発生している」との事で
タンクごと交換したところ、元通りに直りました。

他の事例でも、オイル自体の汚れが確認されていて
その原因は今のところハッキリしないのです。

ホンダウォークでは中国から輸入後、一旦分解してから再組み立てして出荷しますが
勿論、作動油タンク内の汚れも清掃してから組み立てて、動作検査をして出荷します。
流石に、シリンダーやホース内のクズまでは取り切れてないでしょうが
ただ、それで動作不良を起こすほど大量に残ってるか?と言うとそれは違う気がします。
ましてや、ストレーナーの掃除をして経路の掃除もしてからオイル交換してるのに
直っていないというのが腑に落ちません。

かと言って、タンク内の錆というのも、ストレーナーが詰まるほど錆びるのだろうか?
と言う疑問も残りますが、ただ、業者Bは嘘の報告をするような業者では無いですし
その必要も無いと思います。
実際、タンクの交換をしたら元通りに直ったので、やはり錆びていたのは確かだと思います。

恐らく、輸入時には燃料や作動油を含めて空で来るので
空の時、既に錆が発生しているのでは無いか?と思うのです。
それが年数を経て錆が進行するのでは無いか?と考えています。

だとしたら、劣化と言うよりも、水分混入でタンクの錆が進行する事も含めて
作動油は早めに交換した方が良いし、タンクが錆びているのなら尚更早めに交換した方が良いと思っています。
yasさんチのMTDはタンクに防錆対策してあるのでしょうか?
それと、生産国は中国では無いのですか?
今時、米国も日本も国内生産は少ないですし、隠している場合も少なくない
それに、隠しているのは中国が隠しているのでは無くて
国内の販売業者が隠しているので「誰が悪者なのか?」と言う事はあります。




非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード