INDEX    RSS    ADMIN

日立工機 MADE IN PRC の丸鋸に思う、潔さとは何ぞや

毎度お手数をお掛け致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ広島ブログ

ポチッと押して頂けると元気が出ます。

ウチの大工職人のKさんが買った日立工機最新型の丸鋸ですが

ACブラシレスモーターの採用で特異な形状をしています。

20170428-133441-0左が新型 右が従来型 新型は随分小さいのが分かります。

取り柄としては、モーターの小型化でコンパクトなボディーにもかかわらず

高出力、鋼バランスで使い易いのが売り物なのだそうですが問題があって

20170317-143050-0ベースの部分がガタ付いて切断精度が出ません。

原因は20170428-133447-0赤丸の部分の部品(シャフト)の太さに対して通ってる穴の大きさが

合って無くて(穴が大きい)グラグラするのです。

従来型の丸鋸では同じ日立工機製でもそういった問題は無くて、穴径とシャフト径は遊びが無く作ってあります。

従来型と新型では部品そのものが違う物を使ってて、通常はこういった部品は従来製の物を流用するのが一般的なのに

部品そのものが違ってるという事は、製造工場自体が違って居るのでしょうか?

そのへんの所は分かりませんが

製造国を調べると20170317-143125-0MADE IN PRC と書いてあります。

平たく言えばMADE IN CHINA なんですけど。

なぜ?MADE IN CHINAと書かないのか?

こういった表記に関して、産経新聞の記事があったので一部を勝手に転載します。

「中国産」嫌う消費者の目を“欺く”「Made in PRC」

「Made in PRC」という表示を見て、どこの国で作られたものかわかるだろうか。「PRC」は、中華人民共和国の英文表記「People‘s Republic of China」の頭文字を取ったもので、この表示は中国産を意味している。日本では、「Made in China」と表示するのが一般的だが、あえて浸透していない「PRC」を用いる真意はどこにあるのか。中国産を敬遠する消費者の目をごまかし、売り上げを伸ばそうとする確信犯的行為との専門家の指摘もある。

規制するルールがない

 国民生活センターには、今年6月、中国製の衣類だとは分からずに買ってしまったという50代男性から「PRCと表記することに問題はないのか」という問い合わせがあったという。また、昨年9月には家電製品を買った50代男性から、「国名の表示を変えて売っている」との情報が寄せられた。いずれも購入後に初めて「中国産」と知った消費者からの声だった。

 実際、都内にある家電量販店ビックカメラの店舗には、「Made in PRC」と表記されたスマートフォンのカバーが販売されていた。ビックカメラによると・・・

産経ニュースより抜粋 詳しくはリンクをクリックして下さい。

上記記事中に「中国製と知っていたら買わなかったのに」みたいな意味の事が書いてありますが

「中国製だと分かっていたら、他の製品を買ったのに・・」と言う意味なのか?

それとも

「中国製だと分かっていたら、この商品を含めて、何も買わなかったのに・・」と言う意味なのか?気になります。

だって、きょうび 家電を含めて殆どの製品が中国製MADE IN CHINAですから

それを嫌っていたら、どこの何を買うつもりなのか?他に買う物は無くなると思うんですがね(笑)

ついでに言ってしまえば電動工具だって同じ事で

マキタにしても日立にしても殆どの製品が「向こう製」なんですよね。

「向こう製」と言ったのは、全てが中国製では無くて、ベトナムなんかにも最近は工場があったり

イタリアなんかもあるようなのですが、多くは中国工場で作られるMADE IN CHINAが多いのは事実で

中国製を嫌ってたら、電動工具なんて買う物は無くなっちゃいます。

ただ、日立やマキタの電動工具の場合は、メーカーが向こうに工場を建てて日本の技術と製造機械を持っていって

向こうの人を雇って生産・品質管理するので、品質そのものに問題がある事は少なくて

タダ単に設計ミスなどで問題が発生する場合が多いです。

今回の場合も、上の画像で新型と並べて撮影している従来型の丸鋸(日立工機製)も同じく中国製ですが

ベースのガタツキ問題は発生していませんから、別に生産国が中国だと言う事に問題は無いと言えます。

今回の場合構造上の問題だとか、部品形状の問題とか、設計上の問題が大きいと思います。

実は、今回の問題って日立工機にはありがちないつもの事で 多分、日立の場合は数ヶ月の間にマイナーチェンジして改良版を出してくると思います。

このメーカーの商品は新製品を買うと、必ず細かな不具合があって

ユーザーからクレームを受けて改良型を出してきます。

最初に買った人は人柱になる事になるので日立の電動工具は新製品を買ってはいけない。ってのが定説です(笑)

買うなら、一年くらい待ってから買うくらいが良いです・・と言うか

暫く待ってたら、マキタが出します。マキタは日立の失敗を見て改良してきますので

マキタの方が良い製品だったりしますので、そっちを買うのが良いかもです(笑)

話が前後しますが

表記の問題に関しては、中国製(MADE IN CHINA)と言っても、いろんな形態があって

例えば、まるで現地で設計されて現地で生産されている商品を買ってきて

レッテルだけ貼り替えて日本で売る物も有れば

中国企業に委託して製造する物も有ります。

大手メーカーの場合は、中国に工場そのものを建てて現地で生産する方式で

品質管理自体は他のやり方に比べるとかなりマシなのですが

※人手は原住民を雇うので、日本人のそれよりは劣りますがね

それを日本ではジュッパヒトカラゲにして、ナンでもカンでも MADE IN CHINAはけしからん

と言う人が居るから、MADE IN PRCと表記したくなるんでしょうが

あまりこういう事するのは姑息なやり方で、人の目を誤魔化そうとする意図があると取られかねませんから

と言うか、そう言う意図に間違いないので(笑)、止めた方が良いと思いますね。

日本人という物は、もっと潔くなければイケませんし、それを好むものだと思います。

ちなみに、ホンマ製作所のストーブのカタログには

0180000000062生産国 中国

とハッキリくっきり書いていますが、私はこういったところは好感が持てると思ってます。

さっきの日立工機はPRCと言う一般的でない表記で誤魔化していますが、中には生産国自体を書いていない商品(実は中国製なのに)って世の中には沢山ありますからね。

ストーブや煙突にもあり得ると思うのですよ。

いえ、どこの商品がそれに当たるとか知りませんけどね。

度々スミマセン(^_^;)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ広島ブログ

ブログランキング強化月間 頑張ってます!

応援ヨロシクお願いしますm(_ _)m

薪ストーブ日記 薪割り機の販売しております。

ph-gs13pro-gx-img01_thumb_thumb_thum[2]

ストーブ日記をご覧の皆様には直接御見積り致しております。

de8iku@gmail.com まで「見積り希望」とメール下さい。

htc2.jpg

ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所のストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス致します。

※コンサルティング業務は一部有料となります。

関連記事

コメント

No title

生産国をごまかすのはイオンの常套手段です。

No title

自分は長年日立でしたが、最近は買わないことにしましたが、まさに、丸のこがPRCだったからです。w
あとまあ、中国という表記もあれだと思いますね。
広島だって、中国ですし。
支那とか、チャイナとか、フル表記で中華人民共和国とか、広島あたりの中国ではないということは明確にしてほしいですね。

Re: yasさん

yasさん、毎度です。

> 生産国をごまかすのはイオンの常套手段です。

なるほど!だから肉や魚が粗末で不味いのですね。
気を付けて買わなきゃイケません。

Re: shige02さん

shige02さん、お世話になります。
自分が中国地方に住んでると気が付かないんですが
中国と中国地方を間違える人って居るんでしょうか?(笑)

メーカー的に何か失敗すると
「中国製だから」と、自ら逃げ口上にしてる部分って有るんじゃないでしょうか。
本当は、生産国と関係ないミスもかなりあると思っています。

ただ、表記に関しては、こういう書き方するメーカーは姑息で嫌いです。
実際、日立工機の製品にはそういった姑息さがにじみ出ていますよ。
非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード