INDEX    RSS    ADMIN

薪を焼いても家焼くな!太い薪の話

木造住宅の火災現場で、屋根や天井、壁が焼け落ちても

焼け跡に、真っ黒に炭化してはいるけれど、梁や桁、柱だけが

辛うじて焼け残ることがよくあります。


毎度お手数をお掛け致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ広島ブログ

ポチッと押して頂ければ元気が出ます。


これは柱などの木材が燃えるとき、木材の表面がまず燃えて炭化すると

その炭が熱と酸素を遮断するので、木材内部まで燃えるのを防ぐので

柱や桁は芯が残って、焼け落ちずに残る・・と言うことなのですが


まあ、だからって、その柱や桁を使って再び家を建て直すことが出来るわけじゃないし

「火事になっても安心!」って訳じゃ無いから、だから何なの?って事ではありますが


この話って、薪を割る太さにの話しにつながると思うんですよね。

薪も余り大きく割ると20170208-215619-0燃え難い・・

って言うか、燃えてるんだけど・・

そりゃあ、薪ストーブは燃やす仕組みがあるから、ある程度燃えるんだけど

火事場の柱や梁の話と同じく、表面が炭化して燃え難くなるので


「良く燃える」とは言い難くって、確かに長持はするけれど

燃え難いから長持するだけであって、温度が上がり難くて

決して効率よいとは言えない状態です。


やはり、20170207-205335-0柱の大きさ(10㎝×10㎝)程度の薪は

太すぎて逆に火力が出無いです。

杉や桧の針葉樹だと、このくらいでもソコソコ燃えてくれますが

ナラなどの広葉樹だと太すぎるので、この半分程度で十分だと思います。


それと、薪を余り太く割ると乾きにくくて、何年経っても芯が乾かずに調子が悪い。

特に、広葉樹の堅木の薪を太割りすると、2年程度では乾かない場合が多いので


太くて燃え難いのと、芯が乾いて無くて燃え難いのとの両方で

百害あって一利無しといえますね。


と言う訳で、薪はソコソコの太さに割った方が性能が良いのですが

薪屋の間では、断面積が牛乳パック大が一番良いと言われています。

※ナラやカシ、クヌギなどの堅木の場合


そんなわけで、今日はココまでです。


度々スミマセン(^_^;)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ広島ブログ

ブログランキング強化月間 頑張ってます!

応援ヨロシクお願いしますm(_ _)m

薪ストーブ日記 薪割り機の販売しております。

ph-gs13pro-gx-img01_thumb_thumb_thum[2]

ストーブ日記をご覧の皆様には直接御見積り致しております。

de8iku@gmail.com まで「見積り希望」とメール下さい。

htc2.jpg

ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所のストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス致します。

関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード