INDEX    RSS    ADMIN

鉄製架台の仕様変更してみる その二 単管パイプの脚

鉄祭架台の改良と製作コスト削減のためにLアングル鋼で作っていた脚を

単管パイプで作ってみることにしましたので、取りあえず一台試作してみることにしました。

 

↓更新の励みになります。

Ctrlキーを押しながらポチッと押して頂けると

このページから移動せずに、そのままでポチれますので助けてやって下さい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

↑ ↑ どちらか一つだけでも御協力お願い致します。別窓で開きますので邪魔しません。

あっ!コチラは広島のローカル ブログランキングサイト広島ブログです。

 

いきなり問題発生!

20160503-155033-0まずは4mの単管パイプから長さ40センチの脚を切り出します

ところが、ここで問題発生です。

20160503-155258-0いつもの金属切断用チップソーで切ろうと思ったら、刃が立たない!もう歳なのか?!って、アソコが立たないのと刃が立たないのは別の話です。

チップソーもかなり使って切れ味が悪くなってるのと、鋼管パイプは肉厚自体は1ミリで薄いんですが

素材が鍛造鋼のせいか?固くて切れない号泣

仕方無いので20160503-161537-0木工用なんだけど卓上鋸に20160504-090508-0レジトンの切断砥石を付けて切断しました。

切断砥石なら問題なく切れるんですが、チップソーの様に切れ味が落ちることは無い(最初から切れ味は悪い)のだけど、切断砥石が恐ろしく早く摩耗していく。 あと、火花が出るので熱い!

これから本格的に架台を作るとなると、10枚くらい買っとかないと間に合いそうにありません悲しい

 

溶接部分のメッキを剥がす

単管パイプはメッキしてあるので錆びにくいのは取り柄ですが、溶接するにはメッキが邪魔をするので

溶接不良を起こしかねません。 

 

ベルトサンダー~(大山のぶ代の声で読んで下さい)20160504-085137-0ベルト状のサンディングペーパーが回転します。

これを逆さまにして20160504-085442-0単管パイプの表面に施してあるメッキを剥がすと簡単です。

20160504-090107-0切り口から2センチ程度のメッキを研磨して剥がしました。

 

溶接でも問題発生! 肉厚が薄い材料の溶接

20160504-091638-0本体フレーム部分はいつもと同じに溶接して

20160504-092824-0四角く作るのですが

20160504-094622-0脚がくっ付く部分は、ビードの盛り上がりを削って平らにしときます。

20160504-101752-0あとは、この位置で溶接しますが、ここで少々問題が・・

Lアングル鋼の肉厚は3ミリで、ソコソコ厚みがありますが

単管パイプは1ミリしか無くて薄いのです。

今まで3ミリの材料が相手でしたから、溶接棒は2ミリを使っていたのですが

単管の肉厚が薄いので、2ミリの溶棒ではやり難くて、単管に穴が開いてしまいました。

やはり薄い材料には細い溶接棒を使うべきですね。

 

20160504-151535-0テな感じで一先ず、試作品の完成です。

次は土場に持って行って強度試験ですが、今日はココまでで

 

今日はそんな所で また明日です。


ph-gs13pro-gx-img01_thumb_thumb_thum[2]

薪ストーブ日記をご覧の皆様には直接御見積り致しております。

de8iku@gmail.com まで「見積り希望」とメール下さい。

当薪ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所の薪ストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス差し上げます。

※ コンサルティング業務や図面の作成は有料です。

まずは de8iku@gmail.com  にメールで御相談下さい。

htc60tx_thumb_thumb_thumb_thumb_thum[1]

関連記事

コメント

No title

おはようございます。
薄物の溶接は難しいですね。連続溶接は出来ないのでは無いでしょうか。点付けの連続で、赤みが引いたら次の点を打つ感じでやってます。あと、低電圧用の赤い棒が私は使いやすいと感じています。
鋼材屋の話しに戻りますが、鋼材屋は意外と目立たないので、工場向けの商売をしている業者があったりはしないでしょうか?一般向けに大きく店を出してはいないので、私が買っている所も私の勤めている会社に納めている業者で、普通の人はまず気づかない所にあります。あと金物屋が扱ってたりして長尺のまま売ってくれます。土建屋向けの異形棒鋼を売っているはずなので。

No title

薄物はtig溶接がいいから、かいませう!

とりあえず、アークを切りながらやるしかないねー。

No title

パイプの切断は、切りはじめと切り終わりの時は
カッターと母材のエンゲージ角が浅いので切れにくいです
中間辺りはエンゲージ角が深くなるから切れやすくなります。

Re: massan さん

massan さん、続いてお世話になります。

薄板の溶接、練習してでも上手になりたいです。
トラックの荷台が錆びて穴が開いたり、マフラーに穴あき出始めています。
どちらも車検に通らないので、溶接して修理しないとイケません。

鋼材屋さん、ネットで調べたら、近くに何軒かあったので
休み明けに取引して貰えるか連レクしてみようと思います。
一応、ウチも建築屋の看板上げてるので、ダメ元でやってみます。
いろいろアドバイス、背中を押されましたよ、有難う御座います。

Re: yasさん

yasさん、毎度です。

tig溶接良いですねぇ、欲しいです。
あと、エンジン溶接機に繋げる溶接機用接続ケーブルが欲しいです。
架台の修理も勿論ですが、薪割り機の出張修理も出来ます。

点付け溶接はmassanさんも言っておられますね、一応、下手なりにやって見ます。

Re: yasさん2

yasさん、続いてお世話になります。

> パイプの切断は、切りはじめと切り終わりの時は
> カッターと母材のエンゲージ角が浅いので切れにくいです
> 中間辺りはエンゲージ角が深くなるから切れやすくなります。

さすがyasさん、丸鋸の特性をよくご存知ですね。
とは言え、流石にチップソーもそろそろ寿命かもです。
目立てしても、スグに切れなくなります(^_^;)

Re: massan さん(追伸)

massan さん、追伸です。

> 薄物の溶接は難しいですね。連続溶接は出来ないのでは無いでしょうか。点付けの連続で、赤みが引いたら次の点を打つ感じでやってます。あと、低電圧用の赤い棒が私は使いやすいと感じています。

そう言えば2ミリなら低電圧用があったと思います。
探しても無ければ、ホムセンに買いにいきます。溶接も奥が深くて面白いですね。

パイプの切断

単管パイプの切断なら、単管パイプカッターという工具がありますよ。

パイプに取り付けてクルクル10回くらい廻せば、簡単に切断出来ます。

足場鳶工なら、間違いなく持っている道具ですので、一度聞いて見てはどうでしょうか。

それと、肉厚は、JIS規格で2.4mmのものがあります。(こちらのほうがベーシック)

ホームセンターだと薄肉(1.8mm)のものしかないかもしれませんね。

No title

亜鉛メッキの薄板なら、ガス溶接がお勧め。

ガス漏れが無いように、鋼管の溶接が出来れば
銅管や銅管と鋼管のロウ付けなんか簡単に出来ます。

Re: パイプの切断(ゆで落花生さん)

ゆで落花生さん、ご指導頂き有難う御座います。

ステンレスのハンガーパイプや銅管のパイプカッターは持っていますが
単管等の大径のモノは持っていませんでした。
次回以降はパイプを使うことにしましたから、買うかも知れません。

単管の肉厚に種類があることは知りませんでした。
2.4ミリなら溶接も楽でしょうね。
ただし、切断は手間取りそうです。

強度的には薄手でも十分ありそうです。
今日、1.4ミリの溶接棒を手に入れましたから、今度はなんとかなると思います。

Re: yasさん

yasさん、毎度です。
ガス溶接かぁ・・面白そうなのでやってみたいです。
溶接ってのも奥が深いですね、今一番ハマってます。
鉄工所に弟子入りしようかな・・(笑)

No title

バンドソーを買っちゃいなー
ヤフオクにも出てたでー。

Re: yasさん2

yasさん、続いてお世話になります。

> バンドソーを買っちゃいなー
> ヤフオクにも出てたでー。

欲しいですねぇ~
チョットお値段がねえ~

取りあえず、高速カッターでもええんですがね。
いずれにしても、刃が長持ちしないんで困ります。
非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード