INDEX    RSS    ADMIN

ウッドバッグの薪を薪棚に移動と薪タグの印刷

自家用ウッドバッグの薪を薪棚に移動しました。

DSC_000001_1749自家用薪が入ったウッドバッグだけど

コロ薪はDSC_000001_1761ウッドバッグミニに移して

普通の薪はDSC_000001_1752薪棚にうつしたいと思います。

↑ 下の段にまだ空きがあるので、こちらに移動します。

 

↓更新の励みになります。

Ctrlキーを押しながらポチッと押して頂けると

このページから移動せずに、そのままでポチれますので助けてやって下さい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

↑ ↑ どちらか一つだけでも御協力お願い致します。別窓で開きますので邪魔しません。

あっ!コチラは広島のローカル ブログランキングサイト広島ブログです。

 

DSC_000001_1757 移動完了! 

この薪棚は裏表使える様になっているのでDSC_000001_1759こちらには 

まだまだ空きがあります。

ウッドバッグを空けたいと言うのと、薪棚が軽いと強風にあおられて飛んでしまうので

薪を満たして重くしたいのです。

DSC_000001_1749ちなみに 自家用薪を入れたウッドバッグは、DSC_0097_1291テント型のカバーを被せていませんでしたが

やはり、水の浸入で薪の傷みが結構ありました。 架台で地面から上げる事もしていないので

下の方の薪にはカビが生えているものもあって、自家用だとしても使えない薪も僅かですがありました。

いくら自家用でも、あまり派手にカビが生えていては気持ちの良い物ではありません。

 

ちなみにMicrosoft Word - NO16-24Microsoft Word - NO16-25薪タグを印刷しました。

ウッドバッグは、しばらく雨晒ししたらタグを付けてテント型カバーを被せます。

 

今日はそんな所で また明日です。


ph-gs13pro-gx-img01_thumb_thumb_thum[2]

薪ストーブ日記をご覧の皆様には直接御見積り致しております。

de8iku@gmail.com まで「見積り希望」とメール下さい。

当薪ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所の薪ストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス差し上げます。

※ コンサルティング業務や図面の作成は有料です。

まずは de8iku@gmail.com  にメールで御相談下さい。

htc60tx_thumb_thumb_thumb_thumb_thum[1]

関連記事

コメント

No title

3シーズン前に作った椚の薪は、置き場所が無くて詰めて並べて
シートを掛けて居たらブルーシートが飛んで、一年以上野ざらしになって
一年後にはカビだらけでした。

翌年並び替えてシートもかけ直したけど、周囲の薪は雨に濡れて
日が当たりの繰り返して菌がよく育ち、スカスカが大量にできたよ。

ぼけすぎた薪はまだまだ大量にあるけど、火が付きやすいので着火剤代わりに使います。

重さが雑木と変わらない位のや、杉並に軽いのがあるからね~

同様の薪でも、試しに屋根の下にいれて周囲をビニールで囲い
簡易のハウスのようにした中にいれた物は雨が当たらないから
ボケは余りすすんでいませんでした。

今の時期は雑木を主に焚いているけど、ボケた椚薪を焚くにも丁度良いです。

一度乾燥した椚の薪は雨に当てたらだめですね、直ぐ痛みます。

今年は気温が高めだったからか、割った椚を2週間ほど野ざらしにしたら
下側の椚に黒いカビが出てた。

まだ割ってない椚が2位あるけど、かびないようにしなきゃです。

Re: yasさん

yasさん、毎度です。

薪も生きてるウチは腐りやカビは生えないけれど
乾く頃には枯れ始めてるから、抵抗力が無くなって
菌に冒される様になりますね。

うちも自家用薪のウッドバッグで
最下層の外側の薪がカビたり腐ったりしてました。
テント型のヒートカバーを掛けなかったのは、費用と手間が勿体ないというのもありますが
上だけ掛けるタイプとの違いを検証するためでもありました。

やはり、上だけ掛けるタイプだと、中心部の薪の乾きが悪い感じです。
それと、外周の薪はウッドバッグのたるみ具合やシワの出来具合で、決まった薪が
濡れて腐ったりカビが生えたりします。
やはり、面倒でもテント型のカバーは有効だと思います。

No title

ウッドバッグは上だけカバーだと、中心が十分乾きませんね。

一年位、上だけカバーをして、その後で袋に変えたら
1ヶ月弱は朝になると中が結露してので
それだけ水分が残っていたと言うことでしょう。

先日の土日は天気が良く、気温も高かったからか
袋のTOPが膨れて、開口からは暖かい空気が出ていました。

内部の温度が上がると絶対湿度も上がり、より多くの水蒸気を含んだ湿り空気になり
TOPの穴が開いていれば、対流で空気が流れれ湿り空気が抜けるから良いですね。

そもそもノーポリの袋には保温は期待出来ない空
暖気が抜けていようが、抜けまいが保温に関しては期待出来ないでしょう。

むしろ湿り空気が抜ける方が遙かにましだと考えています。

断熱性を持たせるのなら、プチプチのエアーマットで袋の周囲を巻くといいかもね。

それかペアガラスのように袋を2重にして見るのもいいかも。

Re: yasさん2

yasさん、続いてお世話になります。

ウッドバッグのヒートカバーは冬でも天気が良ければ
内部温度の上昇があって、それなりに効果がありますし
夏は50℃以上になるので、かなり有効だと思います。

yasさんが仰る通り、最初は上だけカバーで乾燥させて
ある程度表が乾いた頃にヒートカバーに切り替えれば良く乾きます。
ウチではそれは面倒なので、1~2ヶ月何も掛けずに曝して
その後、ヒートカバーを掛ける様にしています。

大体、最初の1~2ヶ月で冬でも100㎏イッキに減りますが
その後はユックリになります。
一番良いのは、10ヶ月程度で天地返しすれば良いのですが
流石に数が増えてくるとそこまで出来ませんが
架台で上げてるので、それなりに下側の薪も乾くと読んでいます。
非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード