INDEX    RSS    ADMIN

薪ストーブで焼き餅でジェラシー

シンプルグルメの決定版!餅が好き!!

薪ストーブで一番お手軽なグルメはナンと言っても

DSC_0041_1294 焼き餅! 男の焼き餅はみっともないが、コレは美味い!

 

↓いつもお世話になっております。毎度感謝致しております。

Ctrlキーを押しながらポチッと押して頂けると

このページから移動せずに、そのままでポチれますので助けてやって下さい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ            にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

↑ ↑ ポチッと押して頂けませんか?別窓で開きますので邪魔しませんから。

あっ!コチラは広島のローカル ブログランキングサイト広島ブログです。

 

天板の置く位置によって、焼け具合が違う

DSC_0042_1294アルミホイルを敷いて、餅を乗っけるだけです。

DSC_0047_1294天板温度分布にはバラツキがあって、置く位置によって上手く焼けない場合有り。 煙突の側は温度が高くて、餅の内部に熱が伝わる前に表が焦げちゃいます(^_^;

多少、天板の端っこに寄った所の方が温度が高過ぎず低過ぎず、バランス良く火が通る。

DSC_0049_1294焼けたら食べる! 私はシンプルにアジシオで食べるのが好きっ!

 

アルミホイルの裏表

アルミホイルって、鏡みたいにツルツルな面と、艶消しで光沢の無い面が有りますよね

あれって、どっちが裏でどっちが表? 料理で使うのはどちらが適してる?気になってので調べてみました。

 

実は、あれって、製造の都合が原因でそうなるだけで、別にワザとじゃ無いらしい。

料理で使う時も、どっちがどっちって決まりは無いそうなんだけど

しいて言えば、ツルツルの方側に食材を乗せたり、くるむ場合だと、内側にツルツルの面にして

外側がつや消し面にした方が良いらしい。

 

理由は、ツルツル面に食材が接触した方が、多少なりとも焦付きにくいのと

ツルツル面の方が熱を反射して、例えば食材を来るんだ場合に、内部の熱を反射して熱を閉じ込めるので

内部の温度を逃がしにくくて、外側の艶消し部分の方が熱を吸収しやすいので

例えば、芋を来るんで焼き芋をする場合は、外側に艶消しが来る様に芋をくるむと

早く美味しく焼き芋が出来るのだそうです。 まあ、気持ちの問題程度の話だと思いますが(汗)

 

新春キャンペーン実施中

ph-gs13pro-gx-img01_thumb_thumb_thum

薪ストーブ日記をご覧の皆様には直接御見積り致しております。

de8iku@gmail.com まで「見積り希望」とメール下さい。

当薪ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所の薪ストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス差し上げます。

※ コンサルティング業務や図面の作成は有料です。

まずは de8iku@gmail.com  にメールで御相談下さい。

htc60tx_thumb_thumb_thumb_thumb_thum[1]

関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード