INDEX    RSS    ADMIN

今年最後のブログ更新 薪は地面から離して置くべし

私も30日から人並みに正月休みに入りました。 

休みといっても、薪の仕事は建築が休みの日にしか出来ないので正月も暇さえあれば薪仕事なんですが

去年はそこそこ冬らしい冬だったお陰で薪販売好調で、配達が忙しくって日曜日ともなれば配達で

薪を割る時間が無かったのですが、今年は暖冬で今のところ販売の出足が鈍くて配達注文も少ない。

 

ただ、要らないと言う訳じゃ無くて、昨日も電話で去年の顧客様に電話で確認したところ

「年内は大丈夫ですが、年が明けたら一車(500~600㎏)お願いします」 って方が多くて

年明けからボチボチ動き始めそうなので、今のうちに割り作業をやっとかなければと思っています。

 

↓いつもお世話になっております。毎度感謝致しております。

Ctrlキーを押しながらポチッと押して頂けると

このページから移動せずに、そのままでポチれますので助けてやって下さい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ            にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

↑ ↑ ポチッと押して頂けませんか?別窓で開きますので邪魔しませんから。

あっ!コチラは広島のローカル ブログランキングサイト広島ブログです。

 

そんなわけで薪割りしようと思ったんですが

割る前に薪を入れるウッドバッグを載せる鉄製架台が無くなったので作る事にしました

DSC_0664_1294材料はL鋼です。

DSC_0666_1294一辺920㎜×920㎜ 足長460㎜ 溶接して組み立てます。

上に乗せるウッドバッグは700㎏~850㎏でかなり重いし、フォークリフトで運ぶ際に揺すったり横から押したり

多少乱暴に扱っても壊れない様にシッカリ頑丈に溶接していきます。

DSC_0669_1294こんな感じでテーブル型に作って完成!

DSC_0670_12942台作りました。 1台¥2,000チョットが材料代

DSC_0677_1294タルキをはめ込んでスノコ状の床を作って

DSC_0680_1294ウッドバッグを乗せて使います。

DSC_0679_1294地面から46㎝上げる事でウッドバッグ下部の通気性を良くします。 地面付近は土から湿気が上がるので薪が乾き難くなります。

 

ちなみに、建築基準法施行令では床下の地面から床上までの高さを下記の様に定めています。

第22条 居室の床の高さ及び防湿方法

  1.  最下階の居室の床が木造である場合における床の高さ及び防湿方法は、次の各号に定めるところによらなければならない。ただし、床下をコンクリート、たたきその他これらに類する材料で覆う場合及び当該最下階の居室の床の構造が、地面から発生する水蒸気によつて腐食しないものとして、国土交通大臣の認定を受けたものである場合においては、この限りでない。
    1. 一 床の高さは、直下の地面からその床の上面まで45cm以上とすること。
    2. 二 外壁の床下部分には、壁の長さ5m以下ごとに、面積300cm2以上の換気孔を設け、これにねずみの侵入を防ぐための設備をすること。

建物を建てる場合の基準としては45センチ以上地面から上げないと、床板が湿気を吸って傷みやすいって事ですが

薪棚は屋外に置いてあるので周囲は雨で濡れますから、地面から上げておかないと乾燥しにくくなったり

場合によっては湿気の吸い戻し(乾いた薪が、湿気を吸って湿ってしまう現象)があります。

 

ウッドバッグに限らず、薪棚を作る場合は下部の薪を出来るだけ地面から離す工夫が必要です。

一番良いのは建築基準法施行令のただし書きにある通り

「コンクリート、たたきその他これらに類する材料で覆う」

地面から湿気が上がらない様にすると良いです。

 

 

さて、ブログの紙面で略式ではありますが

今年一年、当ブログにお付き合い頂き、また、沢山のコメント頂き有難うございました。

来年もブログ更新頑張っていきますので、本年と変わらずご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

 

来る歳が皆様にとって良い年であります様心から願っております。

皆さん、良いお年をお迎えください。

 

平成27年12月31日 大晦日

 

商品画像1薪割り機のご用命もお待ちしております。

当薪ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所の薪ストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス差し上げます。

※ コンサルティング業務や図面の作成は有料です。

まずは de8iku@gmail.com  にメールで御相談下さい。

htc60tx_thumb_thumb_thumb_thumb_thum[1]

関連記事

コメント

No title

マルチを敷いて置けばかなり違います。

雑草も押さえるのでいいですよ
安いし、施工も楽でお手軽です。

既に設置してある薪だなは切れ目を入れて敷けばよし
二重に敷けば尚良です。

Re: yasさん

yasさん、毎度です。

地面から50センチ以上上げるとほぼ湿度の変化は無くなるとの
調査結果があります。
ただ、架台に載せると高くなっちゃって薪の投げ込みは難しい。
ベルトコンベアがあれば良いんですがねェ・・

マルチ敷けば草も生えなくて良いですね。
土場をアスファルト舗装すれば完璧ですが
薪割りなどの作業時には暑くて敵わんかと思いますが(汗)

yasさんには今年も一年、いろいろお世話になりました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

来年も宜しくお願いします。
よいお年をお迎えください。

上野

No title

どうしても下のほうははねた水がついて砂がつくし、傷むんですよね。
うちも次回からブロック2段分くらい、底上げしようかなあ。
相当なブロックを買わないといけなくなるけど^^;

Re: モチ吉さん 2

モチ吉さん、続いてお世話になります。

下がアスファルトだと、焼けて高温になるので尚更良いですが
土の場合は、かさ上げしないと湿気が多いので乾きにくいです。

ブロックを使用する場合は、ディスクグラインダーで半分に切って使えば
数を稼げてお得です(^^)/
非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード