INDEX    RSS    ADMIN

チェンソーメンテナンス2台目のSTIHL026カービング仕様

エンジンの掛らないチェーンソーを預かって、早9日目が過ぎようとしています。

STIHL026が2台と、ハスクバーナなんだっけ?あー、254XPじゃった。

型番をスグ忘れるのは歳なのでしょうか?(^_^;)

254XPは完動品で清掃と目立てだけ頼まれたんですが

 

↓いつもお世話になっております。毎度感謝致しております。

Ctrlキーを押しながらポチッと押して頂けると

このページから移動せずに、そのままでポチれますので助けてやって下さい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ            にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

↑ ↑ ポチッと押して頂けませんか?別窓で開きますので邪魔しませんから。

あっ!コチラは広島のローカル ブログランキングサイト広島ブログです。

依頼主の説明によると

STIHL026は一台はずっと以前、機械屋さんに修理に出して返ってきた時は調子よく廻ってたんだけど

しばらくしてエンジンが掛らなくなったそうで、何とかなりそうだったんだけど

 

もう一台の026は物心ついた時から既にエンジンが掛らなくって

「古い機種だから、直らなければ部品取りに使うから直さなくても良いよ」と言われたくらいだから

「重傷かな?」って感じてました。

 

一台目のSTIHLはキャブのオーバーホールしたら無事エンジン復調して完全に掛るようになりましたが

問題は2台目のSTIHL026ですDSC_000001_1164ガイドバーが柳刃って言うか?

細く尖っていて、彫刻とか曲げて切ったり出来るようになっている カービング仕様です。

 

前回修理したSTIHL026とおなじ機種ですが、古いためか?樹種が同じでもあっちコッチ仕様に違いがあります。

エアフィルターの形状が違ったり、キャブも型が違います。

何よりも、エンジンにデコンプレッション(デコンプ)機能が付いていません。

 

一か八か修理にトライしてみます。

最初にプラグを調べてみましたが、青い火花飛んで良好ですし

ピストンの表面にも焼けつきの痕跡は無く

圧縮も普通にあるので、エンジンそのものや電気系統には故障が無いようです。

 

例によって、キャブに燃料を垂らしてスターター引いてみると、チャンとエンジン始動してしばらく回りますから

キャブレーターや燃料系統の故障か?調整不良の可能性が大きいです。

 

やっぱりキャブレターのオーバーホールしなきゃならないようです。

 

DSC_000001_1160キャブレターにはプッシュロッドが付いていますが

プッシュロッドはハンドルの内部でスロットル(トリガー)につながっているので

予めハンドル部分のカバーを外しておく必要があります。

DSC_000001_1152キャブレターを本体から取り外します。

2本のボルトにナットで固定してあるだけなので、ナットを外して画像の様に

マイナスドライバーでこねると外れます。

DSC_000001_1150外したキャブレターからプッシュロッドを外します。

DSC_000001_1149まずは、コッチの蓋 メタリング・ダイヤフラム側を外します。

DSC_000001_1147膜状になっていて(少し木の粉が入っていました)気圧の上下でDSC_000001_1145イントレットニードルバルブを上げ下げして燃料を通す仕組み

DSC_000001_1136分解する時にスプリングが有るので飛ばさぬように慎重に・・

DSC_000001_1143小さなパーツが沢山あるので無くさないよう、ご用心です。

DSC_000001_1144ニードルを抜いた図です。ニードルの先端に燃料不純物が詰まる事があるので、エアと押しして清掃します。

DSC_000001_1137こちらはポンプダイヤフラム 若干、汚れが見られます。

DSC_000001_1140ガスケットが千切れないようにカッターナイフでコネながら慎重に剥がします。

 

中略 あとは圧搾空気でキレイに清掃して、元通りに組み立てます。

DSC_000001_1141燃料パイプから逆に空気を吹き込んでフィルターのゴミを飛ばす。

※ 燃料キャップは開いたままにしておかないと、タンクが膨張して破損したり、燃料が逆流して吹き出す恐れがあります。

 

DSC_000001_1153キャブレターを本体に取付けます。

このあと、H側L側 LAを標準値に戻して、燃料入れて試運転してみます。

これで掛らないと為す術が無く、本当に部品取りになってしまいますが・・・・

無事掛るようになりました。 いい音ですね~♬

今回の機種は、キャブに燃料が上がってましたから、キャブの汚れが「エンジン掛らない病」の原因でしょう

※キャブレターの調整やオーバーホールは自己責任でやって下さい。

 仕組みや調整値は機種によって違いますし繊細ですから、このブログの通りにやって調子が悪くなっても

 当方は一切、責任持ちませんので。 自信が無い人はメーカーに依頼して下さい。

 

当薪ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所の薪ストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス差し上げます。

※ コンサルティング業務や図面の作成は有料です。

まずは de8iku@gmail.com  にメールで御相談下さい。

htc60tx_thumb_thumb_thumb_thumb_thum[1]

 

薪ストーブ日記 Yahoo!ショッピング店

 新着情報 2015/09/13電動薪割り機を追加しました。

↑ ↑ ↑ で薪割り機各種取り揃えています。

このブログをご覧の方は de8iku@gmail.com へメールで直接御相談頂ければ、お積り致します。

関連記事

コメント

No title

大気圧でのスパークは当てにならないのに・・・

Re: yasさん

yasさん、毎度です。

> 大気圧でのスパークは当てにならないのに・・・

あくまでも、目安ですから。
スパークの質はともかく、全くしない場合は
対処が変わってきます。

No title

一気圧ではスパークしても、圧縮が掛かるとスパークしなくなる場合があるんだよ。

その理由は前に書いたけどな。

Re: yasさん

yasさん、毎度です。
プラグ交換はユーザーでも出来るのでお任せしときます。
あと、タコメーターって使ってます?
H側の調整をタコで測るか?音で勘の調整するか?なんだけど
以前から欲しいと思ってるんですが、安くて良いのは無いですかね?



非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード