INDEX    RSS    ADMIN

薪ストーブ天盤の温度に関して 温度が上がらない理由

数日前の記事薪ストーブの焚き方に頂いたコメントの中で

薪ストーブの天盤温度が上がり難いという悩みを頂いたので、少し補足して見ます。

↓いつもお世話になっております。毎度感謝致しております。

Ctrlキーを押しながらポチッと押して頂けると

このページから移動せずに、そのままでポチれますので助けてやって下さい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ           にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

↑ ↑ ポチッと押して頂けませんか?別窓で開きますので邪魔しませんから。

あっ!コチラは広島のローカル ブログランキングサイト広島ブログです。

 

まず最初に

薪ストーブ機種によっては元々天盤の温度が上がり難い機種があって

お湯が沸かなかったり、鍋で煮炊きが出来ないなど、焚き方に関係なく温度が上がらない機種があります。

例えば、天盤が袋構造(二重構造)になっていて、直火が天盤に当たらない仕組みの為

天盤の温度が上がり難い・・そんな機種が世の中には割と多くあります。

 

ウチの薪ストーブ(ホンマ製作所HTC60TX)の場合

バッフルがあるけれど、天盤は火室の熱をほぼ直接受ける構造なので、天盤の温度は火室内の温度を直接反映します。

私は自己中な性格で、記事中の温度はウチの薪ストーブを基準に書いているので

温度に関しては他の機種では必ずしも当てはまりませんのでご了承下さい。

 

ストーブの仕組みに問題が無いとすれば

他の原因としては

 

ストーブの大きさに対して、薪の量が少ないというのがあります。

薪はケチらずに少し多めに入れるのがコツです。

燃料が多いから良く燃えるというのも勿論ありますが

薪が多い事で、薪から周囲の壁や天井が近くなるので、炎が周囲の壁を熱しやすくなります。

それに、 火室の容積-薪の体積=温めるべき火室内空気の量 なので

薪が多いほど、火室容積が減る勘定になり、内部の温度は上がりやすくなります。

 

試しに、入りきらないくらい薪をくべてみると上手く温度が上がる可能性があります

「沢山薪を入れると、薪が沢山要るじゃ無いか!?」 と、思われるかも知れませんが

沢山入れて、温度が上がった所で、空気を絞って使う方が、かえって薪は要らない。

 

もう一つ薪に起因する問題として

薪の割り方が太すぎるという問題

よく、薪は太いほど火力が強く、且つ長持する

勘違いされている方が居られます。

※コメント主さんが上記の勘違いされているという意味ではありません。一般論としてそういった方が多いと言う意味です。
 

太すぎる薪は重量に対して表面積が小さいので、実は燃え難くて効率が悪い

確かに太くて燃え難いので、火持ちは良いように感じますが、燃えてないから長持ちしてるだけだから

あまり意味は無いです。

逆に、燃え難いから空気を沢山入れなければならず、結果的に早く燃尽きるって場合もあります。

 

例えば、6㎏の薪を1本火室に入れても燃やすよりは、2㎏の薪を3本入れる方が効率よく燃えて

温度も上がりやすい。

細く割ってあると、直ぐに無くなってしまう気がするけど、温度が上がったら空気を絞って使えるので

かえって火持ちが良いのです。

 DSCF2478

私が前回の記事薪屋の薪はクズ薪だったり、建築端材だったりです。で端材の薪を好んで使うのは

そういった理由があります。

 

太い薪も十分温度が上がってからなら良く燃えるのでDSCF2488

DSCF2491DSCF2494

温度が上がって熾火が十分出来たら、投入します。

これくらい温度が上がっていれば、空気は絞っていても朝まで燻る事はありません。

薪の大きさに関しては、もう少し書き足りないことがあるので、また次回にでも。

 

当薪ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所の薪ストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス差し上げます。

※ コンサルティング業務や図面の作成は有料です。

まずは de8iku@gmail.com  にメールで御相談下さい。

htc60tx_thumb_thumb_thumb_thumb_thum[1]

 

薪ストーブ日記 Yahoo!ショッピング店

 新着情報 2015/09/13電動薪割り機を追加しました。

↑ ↑ ↑ で薪割り機各種取り揃えています。

このブログをご覧の方は de8iku@gmail.com へメールで直接御相談頂ければ、見積り致します。

関連記事

コメント

No title

僕も太すぎるというほどでもないのですが
強く長持ちしたいです。

さて
実際のところ暖かいのは火が燃えているときより、
あかあかとジンジンと熾きがある状態の時だと思います。
この状態を作るには、大きな薪より、中割りくらいの薪を
燃焼させた時の方が効率的に熾きができます。
ちなみに料理をするときもこの熾きの状態ですので、
中薪は万能といえます。
まあ、もちろん大きく太い薪のほうが長持ちはしますので
寝る前にズボッと入れておくと、いいんですけどね。

Re: モチ吉さん

モチ吉さん、いつもお世話になります(^^)/
薪屋は中割りが一番良いと分かってるのに
お客さんは大割りが欲しいと言う方が多いですね。
やはり、買うと「長持ちして欲しい」という気持ちから
大きい物を欲しがるのでしょうね。

寝る前に太いのをズボッと入れると気持ちよくて長持ちしますね・・えっ?意味が違う?(笑)
非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード