INDEX    RSS    ADMIN

マイルド・ドライの薪

ウッドバッグに被せているテント型のカバーはDSC_1050袋を逆さまに被せた様に見えますが

カバーの肩の部分にDSC_1061穴というか、カバーを作る時にくっ付けていない部分があって、そこから空気が抜けるようになっています。

 

↓いつもお世話になっております。毎度感謝致しております。

Ctrlキーを押しながらポチッと押して頂けると

このページから移動せずに、そのままでポチれますので助けてやって下さい.

薪ストーブ暮らしブログランキング参加用リンク一覧にほんブログ村       にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村

↑ ↑ ポチッと押して頂けませんか?別窓で開きますので邪魔しませんから。

あっ!コチラは広島のローカル ブログランキングサイト広島ブログです。

 

このカバーの原理は、一種のビニールハウスと言えます。

カバー内部の空気の温度は、日照で内部の薪が温められる事により上昇します。

真夏ともなると、50℃近くまで気温が上昇して、内部の薪の乾燥を助けます。

 

建築用の桁や梁は今や人口乾燥材が殆どなのですが

この人工乾燥材の欠点は、高温で一気に乾かす為、樹脂分まで抜けてしまい

木材本来の性質が変わってしまいます。

 

例えば、桧の樹脂には独特の芳香があり、虫が付き難く腐り難いという特徴があるのですが

人工乾燥材の場合、乾燥に掛けると水分と一緒に樹脂も飛んでしまい

実際、人工乾燥材の桧は、あの桧特有の良い香りが殆どしなくなります。

 

そこで登場したのがDSC_0921マイルド・ドライと呼ばれる

ある程度の時間を掛けて、低温乾燥させた低温乾燥材なのですが

これは通常の乾燥材が60℃~120℃で乾燥させるのに対して

低温乾燥材は45℃前後で乾燥させる方式で、比較的樹脂を残したまま水分だけ抜き取れるメリットがあります。

 

何が言いたいか?というと

テント型カバーなら、低温乾燥炉と同じような効果が得られるのではないか?と言う事です。

勿論、低温人工乾燥機のように短期間(一週間程度)で乾かそうとは思いませんが

数ヶ月・・特に夏の3ヶ月間はかなり温度が上がりやすいので、似たような効果が得られるのではないか?

と言う事なんです。

 

勿論、早く乾くという意味だけでは無く、雨に濡らさないとか、温度上昇によって

虫が付き難くなるとか、カビが生えないとか・・・etc.いろいろあるんですが

そんな話は次回へ続きます。

 

薪割り機各種取り扱っています。

log_GRAVELY_22_thumb_thumb_thumb_thu[1]エンジン式薪割り機 破砕力22トン

GRAVELY22-ton GV2200

正規販売代理店 薪ストーブ日記で大好評販売中!!

詳しくは de8iku@gmail.com まで。 「見積り希望」とメール頂ければO.K.です。

 

当薪ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所の薪ストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス差し上げます。

※ コンサルティング業務や図面の作成は有料です。

まずは de8iku@gmail.com  にメールで御相談下さい。

h002htc80tx_thumb_thumb_thumb_thumb_thum

関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード