INDEX    RSS    ADMIN

ウッドバッグの性能向上の為に 乾燥を早める

ウッドバッグにテント型のカバーを使用する件ですが

DSC_0621 一見、密閉した袋のように見えますが

DSC_0723 上部、肩の辺りに(コチラと向こう側2箇所)穴というか閉じていない部分があります(縦に約20センチ程度、溶着させていません)

 

↓いつもお世話になっております。毎度感謝致しております。

Ctrlキーを押しながらポチッと押して頂けると

このページから移動せずに、そのままでポチれますので助けてやって下さい.

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへにほんブログ村       にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村

↑ ↑ ポチッと押して頂けませんか?別窓で開きますので邪魔しませんから。

あっ!コチラは広島のローカル ブログランキングサイト広島ブログです。

 

以前は、ハサミを入れて四角く切り取って、もっと大きな四角い穴を開けてたんですが

最近は、穴を小さめに開ける方が良いと思って、この方法にしています。

 

 穴が小さいと、中の空気が逃げずに、湿度が上がって良くないと思うでしょうが

確かに、朝方など、日照が少なく気温が低い時には穴は閉じているのですが

日が照り始めて、袋内部の温度が上がると、中の空気が膨張して(煙突効果もある)

適当な量の空気が勝手に出て来ます。

 

 また、日中、日が照って温度が上がるという事は、風も吹くので

風が吹けばバッグ内部の空気も適当に出て来ます。

 

 温度が上がり難い夜間や、雨降りの日は閉じていて

晴れて内部の気温が上がってくると穴を押し広げるようにして出て来る

一種の弁のような役割があります。

 

 このカバーのメリットは内部の空気の温度を上げる事にあります。

単に雨避けの意味では無くて、農業用ビニールハウスのように、内部の温度を上げる

温室の意味があるのです。

 

 勿論、適当に内部の空気が抜けて、入れ替わらなければイケませんが

あまり大きな穴を開けると、中の空気が抜けすぎて温度が上がり難く、かえって逆効果になるのです。

 

 袋内部の温度が上がって、暖かい空気を充満させる事で、ウッドバッグ内部の薪まで

乾燥を早める

 実際、真冬でも天気の良い日には、袋内部の温度は30℃を超える事も珍しくないのですから

当然、夏場だと40℃を超えるのは当たり前ですから、中の薪が乾かないはずが無いです。

 

そんなテント型ウッドバッグ・カバーの話は不定期だけど続く・・・・

 

 

ph-gs13pro-gx-img01_thumb_thumb_thum[1]国産ホンダ GXエンジン搭載

PLOW(プラウ) PH-GS13PRO-GX  新登場!!

正規販売代理店 薪ストーブ日記で大好評販売中!!

 

販売価格等、詳しくは de8iku@gmail.com  上野誠一郎 まで

 

 

当薪ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所の薪ストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス差し上げます。

※ コンサルティング業務や図面の作成は有料です。

まずは de8iku@gmail.com  にメールで御相談下さい。

htc80tx_thumb_thumb_thumb_thumb_thum[1]htc90tx_thumb_thumb_thumb_thumb_thum[1]

関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード