INDEX    RSS    ADMIN

水中貯木 と薪の乾燥

水中貯木という言葉があります。

木材を伐採した直後に、丸太のまま池や川、海などに一定期間浸けて(浮かべて)貯木する事で

樹木の中の余分なアクを水の中に溶け出させ、木材の乾燥を早める意味があります。

他にも、木に付く害虫を水につけて殺すとか付きにくくする意味もありますし

そもそもは、木材などの重量物を運搬したり移動させる重機やトラックが無い時代に

河川などの水に浮かべる事で移動が容易になったり、池や海などの広大な水面を利用できるので

貯木場所が容易に確保できると言う意味があります。

 

↓いつもお世話になっております。毎度感謝致しております。

Ctrlキーを押しながらポチッと押して頂けると

このページから移動せずに、そのままでポチれますので助けてやって下さい.

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへにほんブログ村  にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村

↑ ↑ ポチッと押して頂けませんか?別窓で開きますので邪魔しませんから。

あっ!コチラは広島のローカル ブログランキングサイト広島ブログです。

 

水中貯木は水中乾燥とも呼ばれ、大昔から行われてきた木材を美しく早く乾燥させる方法で

恐らく、元々は上記の重くて大きな木材の移動や保管を考えて水面を利用していた事で

自然に身についたいわゆる生活の知恵のような物だったんでしょう。

 

私の生まれた広島県廿日市市は木材の町として知られているのですが

子供の頃は海の見える場所に住んでいて、近くの防波堤で囲まれた入り江には

ワイヤーロープで連結された丸太が海に並んで浮かんでいて

丸太の上に乗って遊んだり、釣をしたりして

本当は危ないのでしちゃイケない事なんで、見つかって怒られたりしてました(笑)

 

話が逸れましたが

そもそも、何で乾かそうとしてる(水分を蒸発させようとしてる)のに

逆の事・・つまり水に浸すのか?って話は頭の悪い私には説明出来ないので

水中貯木 でググると出て来ますので興味がある方はご覧下さい。

 

なんでこんな話をするか?って事ですが

薪を雨ざらしにすると早く乾くと言う話があります。

薪のアクを雨ざらしにする事で抜くと早く乾いて、ススの出難い良い薪になると言われています。

実際、ウチも季節にも寄りますが、1ヶ月~2ヶ月程度DSC_0093_286

割ってしばらくの間はカバーを掛けずに雨に曝したまま放置して乾燥させます。

DSC_0017_287画像では分かり難いですが、一雨降ると

下の地面がアクで茶色く変色します。

本当を言えば、アスファルトの様な固い地面の上に広げて置くか

それこそ、池やプールの様な貯水池につけ込むのが良いのかも知れません。

 

伐採した丸太を数年間にわたって水中貯木することと、割った薪を1~2ヶ月雨ざらしにすることが

同じ結果を得られるとは考えにくいとは思いますが

 

今までの経験で言うと

割って直ぐに薪棚に積んだ薪よりは、しばらく屋外に放置してから薪棚に積んだ物の方が

乾くのが早いというのは確かだとおもいます。

 

割ったは良いけど、薪棚が足りなくて仕方無く雨ざらしになった薪が、意外と早く乾いた・・・と言う経験があります。

 

ただ、それがどの程度違って、どういう理由なのか?と言うのはハッキリしませんし

データは取っている訳ではなくって、経験とカン程度ですから

これから実証していかなければイケない部分だと思っています。

 

 

ph-gs13pro-gx-img01_thumb_thumb_thum国産ホンダ GXエンジン搭載

PLOW(プラウ) PH-GS13PRO-GX  新登場!!

正規販売代理店 薪ストーブ日記で大好評予約販売中!!

 

販売価格等、詳しくは de8iku@gmail.com  上野誠一郎 まで

 

 

当薪ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所の薪ストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス差し上げます。

※ コンサルティング業務や図面の作成は有料です。

まずは de8iku@gmail.com  にメールで御相談下さい。

htc60tx_thumb_thumb_thumb_thumb_thum[1]

関連記事

コメント

No title

まんま同じ事が猛烈に気になっていて、今朝の日記に書いたところですよ。
まあ、このアク抜きってのも、例えば、樹皮を剥くのと似ていると思うんですよ。
樹皮の部分は、ペレットに加工するときに弾かれることからも、クリンカなどが発生しやすいみたいで、燃料としての質は落ちるはずです。
実際に棟梁は剥いてた訳だし、アクと同じで、あったら燃えるけど、燃料としての品質は落ちるかもみたいな?
けど、現実問題として、ビジネスとして、一人で薪屋をやって、皮まで剥くという、そこまで丁寧なことを持続的に、50円/kg位の値段でできるか、というと難しい。
それと同じく、漬け込んでまでアク抜きをするというのも、やはり結構難儀だと思うんです。
雨曝しの場合、単に表に転がしておくだけで済むし、経験的にそのほうが早く乾く、薪屋は早く売り物ができる=原木の購入の資金の回収が速くなるとか、土場が有効に利用できる、というそんだけの話であって、お客さん的には、ちゃんと乾いたまともなものなら、どうやって作ってても関係ないと思うんですよね。
まあ、容積売の場合、アクも燃えるし、これは、皮と違って容積にはあまり変化がないと思うので、雨晒ししなければ密度が高くなると思うんで、お得だと思うんだですけど。
虫がつきにくいという話もあるし、煙突が詰まりにくいって主張もあったし。
なんか分かったら、是非教えて下さい!

Re: shige02さん

shige02さん、お世話になっとります。
今朝のshige02さん日記を読んだから私も書いてみたんですよ(笑)

アクが抜けると言うのは雨ざらしや水中貯木する理由としては
プライオリティとしてはやや低いのでは?と思ってます。
アクを抜くことが直接の目的では無くて
水中貯木する理由としては結合水の抜けを早くする為にアク抜きする・・若しくは
水につけることで結果的にアクが抜けてしまうという結果論だろうと思います。

現代の建築では人工乾燥材やそれをラミナとして接着加工した集成材は品質の安定化と
工期の短縮の為には無くてはならないものです。

私もそういった人口乾燥材の建築端材(主に米松)を薪に使って来ましたが
特徴として、当然ですが、ほぼ完全に乾燥していることと
樹脂成分(特にヤニ)が少なく煙や煙突に煤が付きにくい上
乾燥により密度が高まっていて、火持ちが結構良い
灰が殆ど出無い。など、薪として適した性質となります。

少し余談になりますが
人乾剤は建築業界では樹脂が抜けすぎる事が問題になっています。
樹脂成分がないことに関しては、建築用材として使う場合
脂っ気がない為、木に粘りがなく、掛合(かけや=大型の木槌)で叩く時に
用心しないと、衝撃に弱く繊維に沿って裂ける事故がよく起きます。
アリ掛けなどの仕口が、やはり脂っ気がない為、小細工しにくく
無理をするとポロッと取れてしまいます。
あと、水に弱いのも問題(樹脂がない為)弱点です。
それを改善する為に、低温乾燥材(マイルドドライ)なる物が登場していますが
それも「マシ」程度の効果しか無く、値段が高い割りには大して違わないです(涙)

話を薪に戻しますが
対して、グリーン材(通常の木材)の場合は乾燥時に木口からヤニが出てきますが
木の内部にもヤニは残るので、燃やすと煙(時に黒い)が出易く、当然、煤も多く付きます。

人乾材は乾燥で木が締っている為、固くて、火持ちが良いのに対して
グリーン材は樹脂が多いので短時間に良く燃える反面、火持ちは人乾剤に比べると良くない。
つまり、一般的に言われる針葉樹の薪の特徴そのものとなります。

樹脂って、食パンに塗ってるマーガリンみたいなもんじゃ無いでしょうかね?
例えば、食パンを乾かそうと思ってる時に、マーガリンが塗ってあるとパンは乾きにくいでしょ?
その食パンごと、お湯の中に浸けてマーガリンを溶かし出してから
乾燥に掛ければ、結果的に早く乾く・・・みたいな理屈じゃ無いでしょうか?

マーガリンが塗って無くても、食パンは食べられる訳で、それそのもの高カロリーだったりします。
それに更にマーガリン塗ってあると、カロリーが高くなってコレステロール値が上がる・・みたいな話です。







滋賀の方で水中乾燥して家建ててる大工さんがおられますよね。
割れがかなり少ないとか。
木には結合水と自由水があって普通に乾くのが自由水で、結合水は普通に乾燥させても抜けないけど、水中につけて水中の水分と一緒に抜けるとかそんな話だった気がします。(うろ覚え)
反りや変形も少ないらしいですね。
一度本物を見てみたいです。

Re: 83さん

83さん、コメント有難う御座います。
水中乾燥の話、うろ覚えの通りだと思いますよ。
薪も自由水が抜けるのは早いですが、結合水は抜けにくく
20%程度まではスグに乾きますが、それを下回るには簡単にいきません。

各薪屋さん、含水率を下げる為に努力されているようです(努力無しで湿った薪を売る業者もいますが)
人工乾燥機で薪を乾かす業者も居られますが
薪を人乾に掛けると言う事には、少し抵抗があります。
薪までKDになっては「世も末」って気がしますからね(涙)

No title

私も、雨ざらし派です。玉を雨ざらしにして、夏から秋にかけて割ってます。

乾燥データですね。「薪ストーブは燃えているか」を探してみてください。
興味深い記事があります。

Re: 轟炎轟さん

轟炎轟さん、コメント有り難うございます。

結局のところ、時間さえ掛ければ乾くんですがね
何事にも時間を掛けずに手っ取り早く結果を出そうとするのは現代人の悪いクセです(^_^;

薪屋としては重量で売るので、乾けば乾くほど利益が減っちゃうんで乾かない方が良いんですがね(笑)

薪ストーブは燃えているか 情報有難う御座います。勉強になりました。
非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード