INDEX    RSS    ADMIN

薪屋と消費税

最近、必死こいて薪割りしてるんですが

これは自家用ではなくて販売用に割ってます。

 

実は、以前から私は薪屋という商売にポジティブではなくて

むしろ、否定的な考え方を持っていました。

 

 

皆様のお力添えでお助け下さいマセm(_ _)m

Ctrlキーを押しながらポチッと押して頂けると

このページから移動せずに、そのままでポチれますので助けてやって下さい.

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ←どれか興味があるところ1つだけで良いですので

ポチッと押して頂けませんか?別窓で開きますので邪魔しませんから。

あっ!コチラは広島のローカル ブログランキングサイト広島ブログです。

コチラは少し仕組みが違いますが、意味は同じ様なものでして・・

クリサポにも参加しちゃいました。

あれこれ貼り付けてスミマセン、気が向いたらで良いのでお願いしますm(_ _)m

 

 

それは

手っ取り早く言えば

労力と時間、元手が掛かる割りに儲けが少なく、ビジネスとしては魅力が無い。

って事です。

 

これは以前、当ブログにも書いた事があるのですが

 

薪ってのは

買う時は結構高くて

10㎏あたり600円前後プラス送料~ってのがよく売られてるのを目にしますが

これを2㌧買ったとすると12万円も掛かってしまう。

我が身で考えると、たかが暖房用の燃料に年間12万円は高すぎるし払える額では無い。

※それでも2㌧という消費量は我が家としては、かなり少なめに見積もっている。

 

だけど逆に商売として売る方側の立場で考えると

元手が結構かかる・・例えば薪棚や薪棚を設置する場所もいる、商売としてすれば

それなりに広い場所がいる

他にもチェーンソーや薪割り機もいるし

その燃料、オイルは元より、工具の消耗品や修理代も結構かかるし

 

勿論、薪作りに必要な原木の仕入れも結構な値段がかかる

※ かといって、山に入って原木を伐採するなど、全く不採算で計算が成り立たない。

 

今現在の私の事業計画(と、言うほどのモノでは無いけど)

上記の経費を価格に転嫁しつつ利益を出すとなると

あまり細かな事はお話しできないが

一日当たり原木重量で最低600㎏以上の薪を割って薪棚に積んで乾燥させなければならない

DSC_1969

↑ウッドバッグ山盛り一杯で600㎏(未乾燥時)

毎日600㎏ってのは玉切りで50個~70個は割らなければイケないので結構キツイです。

 

ちなみに、600㎏の薪は乾燥させると400㎏~500㎏程に軽くなりますので

販売時によくあっても25,000円の売り上げですが、先に述べた経費諸々をさっ引くと

利益は18,000円~20,000円あれば良いところでしょうか・・

 

それも、一日平均 400㎏~500㎏売れての話だ

一ヶ月12㌧~13㌧売れなければ食っていけないって事だけど・・

だけど

そんなに毎日、売れる気がしない・・ってのが正直な気持ち。

 

では、なぜそんな不採算な仕事を始める気になったか?

ってことですが

それについては  次回へ続く・・

 

当薪ストーブ日記では設置相談を受けながら

安価で性能の良いホンマ製作所の薪ストーブと煙突部材、その他を販売しています。

貫通口の施工方法や効率の良い煙突レイアウトなど、適切なアドバイス差し上げます。

まずは de8iku@gmail.com  にメールで御相談下さい。

関連記事

コメント

No title

エンジン薪割り機導入  チン☆⌒ 凵\(\・∀・) まだぁ?
有る程度効率を上げないとね。

Re: yasさん

yasさん、毎度です。
薪割り機
今月初めに入荷する予定だったんですが
部品の供給が滞ってるとかで、遅れています(プラウ13㌧)
私も待望していたのですが、ガッカリです。

暑さも薄らいで作業が楽になったので
チョット、薪割り機の購買欲・・萎えて来てます(涙)
非公開コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード