INDEX    RSS    ADMIN

耳を澄ませば薪の音

8月も末ですね
まだまだ残暑が厳しいですが、皆さん体調はどうですか?
私は胃腸の調子が悪くってゲイリー・オールドマンです
おまけに口内炎が舌の下(シャレではなく)に出来て御馳走が食べられない
多分、夏の疲れが出たんでしょうね・・
 
さて、今日は久しぶりに薪ストーブ関係の話、
と言っても薪の話をしてみようと思うのですが

天気の良い日に薪棚に近づくと
小さな音がします「ピチっ!」「ピチっ!」
特に風があると「ピチ・ピチ・ピチ」小さな音ですが薪棚のあちらこちらで聞こえます

これは薪が乾燥する時に出す音です
P8070006_ks.jpgP8070005_ks.jpg
我が家の薪棚ですが左の画像、下の段はナラの薪ですが、もうすぐ2年乾燥になります

なぜ、乾燥する時に音がするか?と言うと

ナラの木DSC_0207_ks.jpgよく見ると木の芯から放射状にひび割れが入っているのが分かりますか?

ヒノキDSC_0208_ks.jpgこれは家の土台の切れっ端

杉  DSC_0209_ks.jpg 現場から持って帰った建築端材です
概して年輪を切り裂くように芯から放射状に割れが入っています
ピチピチという音はこの割れが入る時(広がる時)の音です

木というのは成長する時に木の外側から大きくなります
外側に皮を撒くようにして太っていくのですが

当然、成長している表面に近い方が水分も多くみずみずしい
反対に、木の芯に向かうほど(木が古くなるので)枯れていくので水分は少なくなっていきます
(これを反対に木の芯の方に水分が多いと思っている方が多いです)

そして伐採されて乾燥が始まると水分の多い樹の外側の方が多く縮もうとします
その内、収縮に耐えられなくなって表から割れが入るのです

ちなみに、一昔前の家屋の柱には背割りと言って
四角い柱の4面の内で見えにくい部分に芯に向かって鋸目を入れておいたものです
ワザと割れに変わるものを入れる事で見える部分に割れが入るのを防ぐ先人の知恵ですね

右の画像はKD材(人口乾燥材)ですがDSC_0210_ks.jpg KD材は最初っから乾燥しているので割れたりしません
まあ、人工の物は何でも味気ないですね

先ほど述べました背割りですが
家の柱になろうとも割れが生じたり曲がりが起きたり
生きた木を使っているからこそですね

最近は柱は集成材ですし、桁はKD材である意味新建材ですね
(最近は私達大工も無垢の木を触る事など少なくなりました)

薪棚で天然の薪に触れると木は生きているんだってきもちになれます

薪棚でピチピチキャピキャピしたギャルのような薪に触れるとオッサンの私もルンルンした気分になります
あ~そんな言葉、ナウなヤングは使わんね
チェっ!あばよ!

ブログランキング参加中です
下のバナーをクリックして頂くとランキングがアップする仕組みですので
ポッチッとお願いできませんか?更新の励みです。
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
広島ブログ
有難うございました。
またのお越しを心よりお待ちしております。














スポンサードリンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

過去の御来場者数

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中です ちょこっとこの下ポチってポチって。
広島ブログ
ご協力 有難うございました。

プロフィール

エコエコ薪ストーブ

Author:エコエコ薪ストーブ
☆ 建築の上野 ☆

業務内容 
 建築工事全般
 薪ストーブ・煙突の販売及び施工
 炉台・炉壁の設計施工
 薪ストーブ導入に伴う増改築一式 
 請け負います
 
 まずはメールでご相談下さい
 メアドは一番下↓
所在地 
 広島県廿日市市津田3852-7
  de8iku@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード